うつに対抗する薬

男性

通院が必要な理由

うつ病を治すためには精神科や心療内科に通うことが大切です。うつの基本的な治療方法は「しっかり休む事」と「適切なくすりを服用する事」の同時進行と考えて良いでしょう。特に後者の薬の服用に関しては医師の指示なく処方を受けることは出来ないので、必ず病院にかかる必要があるのです。精神科や心療内科で処方される薬は抗うつ剤と呼ばれます。この抗うつ剤には様々な種類があり、患者一人一人の病状やその時の精神状態等に応じて適切な薬が処方されます。ひと昔前であればうつと言うと「気持ちの問題」という一言で偏見を持たれたりする事もありました。実際のところ、今でも完全にうつの原因が解明された訳ではありません。しかし、気持ちの問題だけでは片付けられない事は分かっています。脳内の神経伝達物質、例えばセロトニンやノルアドレナリンなどといったものが関係している事が分かったのです。この神経伝達物質のバランスを整える事ができるのが抗うつ剤という訳です。抗うつ剤と休養、この2つの治療を併用する事で脳と心を回復させていくのがうつ病の治療方法なのです。先述の通り、うつにかかってしまった場合は抗うつ剤の処方などが必要になりますから、必ず病院へ行く必要があります。精神科や心療内科へはなかなか足が向かないかもしれませんが、早期治療開始こそ早期治療完了への近道となりますから悩んでいる暇はありません。心療内科で受けられる治療は抗うつ剤の処方だけではありません。会社や学校を公的に休むために必要な「医師の診断書」が得られるのも心療内科に通うメリットの一つです。また、適切な「精神療法」が受けられるという利点もあります。うつ病にかかると何でも否定的な考えになってしまいがちです。その為、抗うつ剤などで一時的に症状が緩和しても、心が勝手に否定的モードになるとすぐに抑鬱状態にぶり返します。うつはその再発率の高さも非常に問題視されていますので、再発防止になるよう行われるのが精神療法という訳です。否定的な考えを改め、なるべく柔軟な思考にさせるよう患者の心理状態に寄り添った対応を行ってくれます。時には身近な家族や友人の励ましよりも、専門医による的確なアドバイスの方がうつ病患者も聞き入り易いという事もあるのです。