うつ病治療薬の効果

男性

薬物治療の優れた利点

服用直後に症状が改善することはなく、抗うつ剤は飲み続けていくうちに少しずつ効果が現れます。飲み始めの頃は若干副作用が出る場合もありますが、それは大抵自然に治まるため、効果が発揮されるまでの間は、体が薬に慣れる段階でもあるのです。大多数の抗うつ剤は効き目がゆっくりですから、症状の改善が見られなくても原則的に飲み続けます。そして、抗うつ剤の基本的な効果は、ノルアドレナリンやセロトニンを脳内で増やすことです。具体的にはそれらの神経伝達物質が、体の中で再び取り込まれ、数が減らないように防いでくれます。ただし実際の作用は薬の種類によっても異なり、三環系などの比較的古いタイプは、ノルアドレナリンやセロトニンだけでなく、全体的に作用する仕組みです。それに対し、SSRIという新薬はセロトニンを識別できるため、そのほかの物質に影響を与えないことで、副作用の軽減に成功しています。また、NaSSAもセロトニンとノルアドレナリンにのみ作用しますが、再取り込みの阻止ではなく、分泌自体を促す新しいタイプの抗うつ剤です。精神力があればうつ病は回復できると誤解される場合もありますが、うつ病は脳内でセロトニンとノルアドレナリンが極端に不足する脳的な疾患でもあります。例えばスマホには電卓機能も付いていますが、バッテリーが切れた状態では充電をしない限り、1足す1といった計算すらできません。うつ病もそれと同じで、脳内で足りない神経伝達物質を充電するように確保し、正常な状態に近付けるのが抗うつ剤治療の目的であり、メリットです。精神科や心療内科などの病院で薬物治療を受けますと、不安やイラ立ちなどを改善できるのはその点に由来します。治療成果が上がればうつ症状も鳴りを潜めるため、日常生活が行いやすくなるのは優れた利点です。セロトニンの数が改善されれば幸福感を抱けるようになれますし、ノルアドレナリンが増えればヤル気も湧き起こるのです。また、本来の使い方ではありませんが、四環系に属する抗うつ剤は眠気を誘う働きがあるので、不眠治療にも使われます。ともすれば常習性もある一般的な睡眠薬に対しまして、それがないことも抗うつ剤のメリットです。