薬によって副作用も異なる

医療

医師の判断を仰ごう

新薬で効かない場合でも効果を発揮するなど、三環系の抗うつ剤は古くても効き目が高い薬です。作用が強力なぶん副作用もあるのですが、このうつ病治療薬では口の中の渇きや、便秘などが確認されています。そして、三環系の安全性を強化したのが四環系の抗うつ剤であり、それゆえ副作用も少なくなっています。ただし、不眠タイプのうつ病治療に使用されることから、この薬は飲むと眠たくなるのです。一方、うつ病ではノルアドレナリンやセロトニンなど、モノアミン系の神経伝達物資が減ることも分かっています。抗うつ剤の目的はそれらの物質を脳内で増やすことですが、初期に設計された三環系はモノアミン以外にも作用するため、副作用が多かったのです。そこで、セロトニンだけに反応するよう開発された抗うつ剤がSSRIであり、副作用も三環系に比べて限定的になっています。セロトニンは胃腸に多く存在するため、SSRIの副作用は消化器系に出やすく、下痢や吐き気などが一般的です。しかし、この副作用はSSRIを飲み続ければ、体が抗うつ剤に慣れていくことで、落ち着きを取り戻します。どの薬も大なり小なり副作用はありますが、抗うつ剤の副作用は慣れれば減りますので、それまでの間は我慢して飲み続けましょう。精神科で相談すれば副作用を軽減する飲み方もアドバイスしてくれますので、必要に応じて医師の判断を仰いでください。例えば、抗うつ剤を飲むと眠くて仕事にならない場合は夜に飲むなど、服用タイミングを変えるだけで問題が改善できる場合があります。また、場合によっては減薬や、副作用を減らす薬を追加するなど色々な方法がありますので、副作用が強くて困っている時も主治医に相談しましょう。特に注意しなければならないのが、自主的に抗うつ剤の服用を中止してしまうことです。薬に体が慣れた状態で、急に抗うつ剤を中断しますと、今度はそれが原因で別の症状を誘発します。これは離脱症状と呼ばれており、特定のモノアミンに作用する新薬ほど強く現れるので気を付けてください。一方、NaSSA系の薬は食欲が増しやすいため、この抗うつ剤を使う際は食べ過ぎに留意しましょう。