抗うつ剤とはどんな薬?|神経伝達物質をこれ以上減らさないための薬

薬が役立つ理由

医薬品

うつ病のバリエーション

精神を強く持てばうつ病も打破できそうですが、それはノルアドレナリンなどで脳内が満たされていなければ不可能です。うつ病は肝心のノルアドレナリンが異常に低下している状態ですから、心の持ちようでどうにかできる病気ではありません。例えるなら、燃料タンクが空になった車のアクセルを幾ら踏んでも、一向に走り出さないのと同じです。つまり、うつ病は心が弱いから発病する疾患ではないため、病院で適切な治療を受ける必要があります。そして、精神科を受診すれば抗うつ剤を処方してくれますが、これは脳内で不足している神経伝達物質をこれ以上減らさないための薬です。主にノルアドレナリンとセロトニンに働きかけ、それらの物質を脳内で確保して症状を改善します。そのため、病院でのうつ病治療では抗うつ剤の使用が薬物療法の基本となっているのです。また、うつ病と通常の落ち込みの境界線ですが、重い気分が2週間以上続くとうつ病の可能性が高いので、この豆知識を知っておけば、ある程度自己判断できます。趣味をはじめ、元気な頃は時間を忘れて楽しめたことも、一切楽しめなくなるのが大うつ病性障害です。名称に大と付いていますが、これは一般的なうつ病のことで、集中力も落ちるため、仕事や家事でのミスが増えてきます。不安感も強く出ますから、病院では抗うつ剤で不安感を取り除きながら、やる気も高めていくのが通例です。そして、うつ状態が長期に渡って持続するのが持続性抑うつ障害であり、気分変調症とも呼ばれています。特徴としては概ね1日中、抑うつ気分が続き、場合によってはその状態が2年以上継続するのです。若年層では怒りやすくなったりもしますが、このタイプのうつ病でも、抗うつ剤が有効とされています。そのほか、根拠のないことを事実として確信し、訂正不可能な心境にあるのが妄想性障害です。妄想状態は長期間継続するものの、意欲の低下はそれほどなく、日常生活にはあまり影響を与えません。ですが妄想が強過ぎる場合は周囲と摩擦を生み、職場や家庭でトラブルに発展する傾向があります。また、妄想以外は大きな異常がないため、薬が効きにくいのもこの病気の特徴です。

男性

うつに対抗する薬

うつ病の治療方法は「しっかり休養を取る事」と「適切な薬を服用する事」の併用が大切です。その為には心療内科へ通う必要があります。心療内科では、抗うつ剤を処方して貰ったり、精神療法を受ける事が出来たりします。

男性

うつ病治療薬の効果

飲んでいくうちに少しずつ効果を現すのが抗うつ剤の特性ですが、基本的な効果はセロトニンとノルアドレナリンの減少防止です。そして、それらの神経伝達物質を確保し、幸福感やヤル気を起こしてうつ症状を改善できることが、抗うつ剤治療の利点になります。

医療

薬によって副作用も異なる

口内が渇くほか、三環系の抗うつ剤には便秘などの副作用があり、四環系では眠気、そして新薬のSSRIでは下痢といった副作用があります。抗うつ剤の副作用はそのうち慣れますが、我慢できない時は医師の判断を仰ぎ、自主的に中断しないようにしましょう。

レディ

段階を踏みながら

うつ病による薬物治療は、抗うつ剤の効果の有無をみながら第四段階まで行っていきます。うつ病の治療ができる医療機関がさまざまですが、精神科に抵抗があれば身近な内科医や臨床心理士による相談など、段階を踏んでいくことも可能です。

看護師

効果が高いと評判です

抗うつ剤は心療内科でもらえる薬であり、治療効果が高くて減額制度が用意されている薬となっています。継続的な服用で効果を発揮する薬であるため、飲み忘れに注意する必要があります。自己判断で服用を中止しないようにし、医師の指示に従うことが重要です。